基礎知識
info

時価評価による会計法パーチェス法の用い方

投稿者:会社分割

会社分割の新設分割において、事業などを受け継がせる為に新たに会社を作り、その上で新設会社に事業承継させます。承継先である新設会社は、受け継いだ事業等に見合うだけの株式を分割会社あるいは分割会社の株主に対して発行します。会社分割における「新設分割+分割型分割」「新設分割+分社型分割」の2類型にあたる場合、パーチェス法による損益計上が適用されます。パーチェス法は簿価ではなく時価評価による会計手法をとります。簿価とは帳簿価額の省略形で各種資産や負債などの取得時点での価額のことで、時系列上の影響を受けない特徴があります。時価とは現時点における市場価額のことで、取得時点での価額から減価償却分を差し引いた価額のことです。分割会社が新設承継会社へ引き継がせる為に切り離した事業等の時価評価や新設承継会社から分割会社やその株主に対して引き渡す株式(承継事業等に見合った価値相当分)の時価評価を算出する時に用いるのがパーチェス法なのです。