基礎知識
info

会社分割の流れはどのようになるか

投稿者:会社分割

会社分割が取り決められてから完了するまでの流れは、おおよそ次のようになります。
会社の分割は、吸収分割では事業の出し手と受け手の間で分割に関する契約が交わされること、新設分割の場合は分割される会社で事業の分割についての計画が作られるところから始まります。
従業員や労働組合との協議を経て、分割の詳細についての事前開示書類を作成し終えたら、株主総会を開いて株主の意見を聞かなくてはいけません。ここで3分の2以上の株主の承認を受けることができれば、会社分割の具体的なプロセスがスタートすることになります。その後は、株主全員に議決の結果を通知するとともに、債権者保護の手続きや、分割に反対する株主の株の引き受けなども行う必要があります。
株主らへの告知が終わり、事業資産などの譲渡が済んだら、会社分割の手続きはほぼ終了です。後は、吸収分割の効力が発効するのを待つか、事業を継承する新会社の登記が終われば、すべてのプロセスが完了したことになります。この時、分割された会社に事業資産の譲渡にともなう利益が発生していれば、株主らに配当を行うこともできます。