会社分割とは
About us

会社分割とは

経営内容の悪化に対応する一つの対応手段として組織再編があり、
その中のひとつが会社分割です。
商法上で会社分割というものは、「人的と物的」「新設と吸収」という考え方をします。

1.人的と物的について

人的分割と物的分割は、会社分割が行われた際の株式の割当先によって区別するという考え方です。
会社分割が行われる際には、現に存在している会社から事業を承継する新会社に、その承継する事業に見合う対価として株式が発行されるのですが、この時に発行した株式を会社(物的)に割り当てるのか、分割を行った会社の株主(人的)に割り当てるのかで区分されます。

人的分割承継する事業に見合う対価として発行された株式が株主に割り当てられる。

物的分割承継する事業に見合う対価として発行された株式が会社に割り当てられる。

2.新設と吸収について

新設分割と吸収分割は、切り分けた事業が新設されるのか既存の会社に吸収されるのかによって区分するという考え方です。

新設分割切り分けた事業が新しい会社として独立する

吸収分割切り分けた事業が既存の会社の事業として吸収される

よって商法上では上記の2軸を組み合わせて、計4パターンで会社分割が分類されます。